忍者ブログ
トミーウォーカー運営PBW『エンドブレイカー!』、その登録キャラ『ファルス・ランディール』のキャラブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先の戦から数日、早くも街は活気を取り戻してきている
脅威が去ったが故の立ち直りの早さなのだろう
街中に修復の音が満ちてゆくのを聞きながら
毎日のんびりさせてもらっている

その日は、行きつけの店がどうなったのか
ちょっとした確認のつもりで足を運んだ



  
見えてくる店の外観は思ったより変わりがなくて
戦の難を逃れたのか、店主の努力の賜物かと胸をなでおろす

店内からこぼれる話し声は弾む音色ばかりで
戦が終わったばかりだというのに
いや、だからこそ繁盛しているようだった

店内に足を踏み入れると喧騒はいっそう鮮明に
終わった戦をのりこえた皆の喜びが
溢れんばかりの活気が伝わってくる
こんな雰囲気は嫌いじゃない

空いている席を探して視線をやるが
込み合う店内では座れそうな席を見つけるのが難しい
どのテーブルも仲間との歓談に興じる人々の姿がある

「あのさ、君、ファルスさん?」

背後からかけられた聞き覚えのない声に一呼吸おいて振り返る

「そうじゃが、ワシに何か御用かのう?」

見上げてくる視線に警戒の色を見取ったのか
声をかけた当人はあわてて手を振ってみせた

「あ、怪しいものじゃないよ。君宛に手紙をね、預かってるんだよ。」

そういって封筒をひとつ手渡してくる

よく見れば肩から提げられた大きな鞄
ああなるほどと合点がゆく

封書に視線を戻せば生成りの淡い色合い
表には宛名が、裏には封蝋はないが署名があった
知っている名前と筆跡に少し頬が緩む

「それじゃあ、確かに渡したよ。」

配達人はそういって踵を返した
思い出したように振り返り、肩越しに軽く手を振って
お手紙があったらいつでもどうぞと添えるように告げる

「うむ、何かあれば頼ませてもらうのじゃ。今日は、ありがとう。」

封筒を手に謝辞を伝えれば
どういたしましてと笑顔をおまけにつけて
配達人は今度は振り返らず酒場を出て行った


手元に残った封筒を指先でいじりながら、再度店内を見回すと
ちょうどよくカウンターの片隅に席が空いたのを見つけた

少し高い席に腰掛けて足を遊ばせる
こちらに気づいたマスターに冷たいものをと注文する

手元の封筒を開封する
内容は簡素だけれどうれしいお誘いの言葉、口の端が少しあがる

見計らったのでもあるまいに、間髪入れずに水が差し出された
面食らって目をしばたかせる

「サービスかのう?」

まさかと笑う店主にそれもそうかと苦笑を返す
口に含めば確かに冷たい水、ほのかに香るレモンの香
こういう手間をかける店だから通い飽きない

「よい水じゃのう。」

「だろ?」

悪戯が成功した子供のように店主が笑った

PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack
トラックバックURL  :  
material by Sky Ruins  /  ACROSS+
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アド