忍者ブログ
トミーウォーカー運営PBW『エンドブレイカー!』、その登録キャラ『ファルス・ランディール』のキャラブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

注意
某所より拝借してきた心理テストバトンです
ここの傾向にそってアンオフィシャルな設定に組み込んで文章化して見ました

バトンの使い方としてはギリギリアウトな気もします



親愛なる妹、ファルスへ

 今回送るのはちょっとした謎かけのようなものかな
 君にも楽しんでもらえると思うよ

 良ければ結果を、手紙にしたためて返送してくれると嬉しい

 一枚目のカードに問いを、二枚目のカードに答えを書いてある
 二枚目のカードは封をしているから、問いに答え終わるまでは開けないようにね

 ではまた

兄、レイヴンより


義兄からの手紙は暇つぶしを提供してくれることが多い
今回がまさにその類のもののようで
私はいくばくかの期待を胸に淡いベージュのカードを開いた

カードには10の言葉
その一番上にルールが一文

『次の接続詞に続けて文章を完成させてください。みな独立した文章です。』

     では、はじめようかのう」

ふむと一つ頷いて、ポツリと零した自分への叱咤
それを皮切りに浮かんだ言葉を書き留めてゆく
ほんの数十秒、紙の上を走ったペン先は、始まりと同じように唐突にその動きを止めた
かけ抜けた後に残った言葉のかけらは、無意識と意識が変な具合に交じり合って

なんだか不思議な色合いをしていた


(初めに回す相手五人を選択を省略。気になった方はお持ち帰りいただくより、心理テストバトンでの検索を推奨します)

■次の接続詞に続けて文章を完成させてください。みな独立した文章です。

1.『しかし』
    滑稽だ 
2.『やがて』
    変化が訪れる
3.『ただ』
    何もないだけ 
4.『だって』
    嘘は吐けない
5.『そして』
    あなたの手を離す
6.『水溜りは』
    自然の鏡
7.『あの子って』
    誰だろう 
8.『今日の私は』
    いつも通り
9.『少しは』
    泣けば良いのに
10.『涙は』
    溢れるもの




書きとめた答えを一通り読み直し、ふむと一つ頷く
本当に思いついたままを書き連ねてしまったと見直せば
その言葉の傾向が後ろ向きな事に嘆息してしまった

昔からその傾向はあったように思うけれど、無意識というのは不思議なものだ

生成りの色合いのカードの表面を指でたどりながら、書いた内容を反芻する

机上には同じ色合いの封をされたカード
回答したなら答え合わせをと朱の封蝋を開いた



1.『しかし』とはこれまでのことを振り返るときに必ず使います。
 つまり、この後に続く言葉は『今までの人生』を象徴します。

どう生きれば自分の過去17年を滑稽だと評するのか
そんな風に考えながらも、何となく納得してしまう(苦笑)
 
2.『やがて』は近い未来を予想、あるいは予測する時に使います。
 あなたが今一番気になる未来…『恋人との行方』を表します。

そも、何故に恋人限定なのか……一番気になる未来はそれだけじゃないだろうに

3.『ただ』これは後に『…だけ』などが続き、
 非常に少数なものを語る時に使う接続詞なので、
 『一人の時のあなた』の状態がここで浮き彫りにされるでしょう。

なんだか寂しい人間性に涙が止まりません

4.『だって』はもちろん言い訳をする時の常套句です。
 あなたが言い訳する時、あなたが知らず知らずの内に自分の欠点を語っているのです。
 実は『あなたの嫌なところ』をさらけだしてしまっているのです。
 
5.『そして』は現状を受けて、その延長線上に
 『あなたの老後』がここに映し出されています。

6.『水たまり』というのは真実を写す鏡の象徴でもあります。
 水たまりをどうとらえるかによってわかるのは『あなたの本当の姿』です。

抽象的過ぎて解釈不能です

7.『あの子』これは他人を指す言葉ですね。他人に対する言葉は
 裏返してみれば他人の目に映る自分を意識する言葉でもあるのです。
 自分をつくろったり、よく思われたいと願う部分、
 これは『好きな人の前にいるあなたの態度』です。

「誰?」ってどういうことなんだろう

8.『今日の私』、『今日』とあえて限定すると、とてもあらたまった気持ちになります。
 でもそこには無理にとりつくろった偽りの心が含まれていることも事実でしょう。
 ここでは『ウソをついている時のあなた』が表れてしまいます。

嘘を吐いていても何時も通り
詐欺師?

9.『すこしは』…出来なくてもいいからわずかでもいいから努力しなくてはと、
 自分を叱咤激励するような気持ちをこめたこの言葉から導かれるのは、
 あなたのやる気、つまり、『今年の目標』なのです。

感動して泣いたりすることはよくあるのだけれど
ここではそういった意味ではないのだろうな、と

10.『涙』は喜び、悲しみ、感動とさまざまに揺れ動くあなたの心の代弁者です。
 大人への第一歩を踏み出した『初体験の時』の不安や喜びがここでわかります。

のーこめんと

親愛なる兄、レオニド様

 結果は同封しないことにします。
 今度そちらに戻る際に直にお伝えすることにいたします。
 それまで、どうぞお待ちいただけますよう。

不出来な義妹、ファルス拝
PR
Comment
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack
トラックバックURL  :  
material by Sky Ruins  /  ACROSS+
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
アド